Erena Terakubo Trio

Erena Terakubo Trio

View Calendar
2018-01-06 10:00 pm - 2018-01-07 12:00 am
277 Church St, NY, United States
Address: 277 Church St, NY, United States
Erena Terakubo was born in Sapporo, Japan in 1992. She began playing the alto saxophone at the age of nine. Between the ages of 10 and 15, she participated in the Sapporo Junior Jazz Orchestra, where she had the opportunity to have jazz clinics with musicians including Herbie Hancock and Tiger Okoshi. Terakubo later attended the Berklee Five-Week Summer Performance Program, where she was rewarded a full-tuition scholarship and was selected for the Berklee Summer Jazz Workshop with Terri Lyne Carrington.

In 2010, she recorded her first album, “North Bird” with Kenny Barron, Christian McBride, Lee Pearson, and Peter Bernstein. The album was released in Japan by Japanese major record label King, reached no. 1 on the Japanese jazz charts, and was awarded Swing Journal’s Gold Disc. Later that year, she performed with Ron Carter, Omar Hakim, and Will Boulware as part of the Tokyo Jazz Festival.

In 2011, Terakubo recorded her second album, “New York Attitude” with Kenny Barron, Ron Carter, Lee Pearson, and Dominick Farinacci, and she was chosen as one of just six Presidential Scholars from across the world to attend Berklee College of Music in Boston.

Her concert appearances have included Tokyo Jazz Festival, Sapporo City Jazz Festival, Jazz Week Osaka 2010 (with Michel Camilo Trio), Nagoya Jazz Festival (with Yosuke Yamashita), Kitara Hall (with Sapporo Symphony Orchestra), and D.C. Jazz Festival 2012. She has been fortunate to work with musicians such as Sadao Watanabe, Terumasa Hino, Eddie Gomez, Jimmy Cobb, and Anthony Jackson..
Terakubo has been selected to perform in summer 2012, at the Playboy Jazz Festival in Los Angeles, as part of Bill Cosby’s portion of the program.

In 2013, her long-awaited third album “Burkina” with Kenny Barron, Ron Carter, Lenny White & Jimmy Cobb set a high valuation on her ability.

In 2014, she graduated Berklee College Of Music

In 2015, Moved to New York City
 
 
寺久保エレナ (てらくぼ えれな)アルト・サックス
1992430日札幌市生まれ。6才からピアノを習う。9才の時、アルトサックスを習い始める。20022007年(1015才)、札幌ジュニア・ジャズ・オーケストラに参加し、ハービー・ハンコック、タイガー大越、日野皓正、本田雅人など国内外の著名なミュージシャンのクリニックを受ける。13才の時、最年少でボストン・バークリー・アワードを受賞。20072008年、ボストン・バークリー音楽院に奨学生としてサマー・プログラムへ短期留学。2009Berklee Summer Jazz Workshopに日本人で初めて選抜され、ボストンにてTerri Lyne Carringtonのクラスで学ぶ。20095月<山下洋輔イントロデューシング寺久保エレナ>に出演。8佐山雅弘クインテット”RED ZONE TOURに参加。同メンバーにてCDRED ZONE』をリリース。20099月、Swing Journal9月号に自身の記事が掲載。国内外有名ミュージシャン(渡辺貞夫、山下洋輔、日野皓正、佐山雅弘、本田雅人、タイガー大越、TOKU、エディー・ゴメス、向井滋春、他)との共演やセッションに多数参加。20104月には待望のファースト・アルバム「ノース・バード」をケニー・バロンやクリスチャン・マクブライド等を従えてニューヨークで録音し6月にレーベルKingよりメジャーデビュー。テレビ朝日「題名のない音楽会」に出演し、「夢は世界へ!話題のアーティスト2010」として、ピック・アップされる。同年夏、札幌シティ・ジャズに参加。また、9月に行われた「東京JAZZ」に招かれ、ジャズの大御所ロン・カーター(b)やオマー・ハキム(ds)等と共演し、世界中のジャズ・ファンを驚かせる。大晦日にはHTB朝日主催のジルベスター・コンサートで札幌交響楽団との共演を果たす。そして、20113月には高校を卒業、フランスとアフリカへ初の海外ツアーを敢行。4月には約一年振りにニューヨークでロン・カーターやケニー・バロン等のジャズ・レジェンドを迎えての2枚目のアルバム「ニューヨーク・アティチュード」を収録、6月にリリース。2011年の9月からジャズの本場アメリカの Berklee College of Musicより日本人初プレジデント・フルスカラーシップ(授業料、寮費免除)を取得し留学。20137月、ロン・カーターやケニー・バロンに加え、ドラムスのジミー・コブとレニー・ホワイトが参加した3枚目のアルバム「ブルキナ」をエイティ・エイツ・レーベルからリリース。2014年12月Berklee College of Musicを卒業し、2015年1月より活動の拠点をNew Yorkに移す。2016年1月4枚目のアルバム「ア・タイム・フォー・ラブ」をカナダのレーベルCellar Liveからリリース。